群馬県のリフォームならミヤケンリフォーム

群馬県のリフォームならミヤケンリフォームにお任せください! 電話:0120-05-3838 お問い合わせフォーム

洗面化粧台に寿命があるってホント!?洗面化粧台の寿命と早める原因

小山 頼子

小山 頼子

毎日必ず使う洗面化粧台。実は、洗面化粧台にも寿命があるってご存じでしたか?
今回は洗面化粧台の寿命年数と、寿命が早まる原因についてご紹介いたします。

普段の生活の中で、歯磨きや洗顔、お化粧や髭剃りなど毎日使う洗面化粧台。
実は洗面化粧台に寿命があるって知っていましたか?

今回は洗面化粧台の寿命と、寿命が早まる原因についてご紹介していきたいと思います。

 

洗面化粧台の寿命

冒頭でもお伝えしましたが、いろいろな用途で使う洗面化粧台。
一般的な洗面化粧台の寿命は約10年~20年といわれております。
しかし、この期間で壊れてしまうということは、まず少ないでしょう。
また、素材によっても耐久年数は変わります。
洗面化粧台に多く使われている陶器の場合は、タ級年数が高いので丁寧に扱えば20年以上持つことができます。
また、シンプルなタイプで最低限の機能しか持っていない洗面化粧台なら、
すぐに壊れることはあまりありません。
しかし、タッチレスで水が出てくる水栓や省エネに配慮したものなど、
多機能と言われるものは使っている部品が増えるため、部分的に寿命が早まることがあります。

 

寿命が早まる原因

洗面化粧台には、鏡がついているので歯磨きや化粧・髭剃りなどに使用されることが多いですよね。
ただ、化粧用品の瓶や髭剃りなど硬いものを使っている最中に、洗面ボウルに物を落すことがあるかもしれません。
素材が陶器だと、落したものの重さによっては一撃でヒビが発生することも。
ヒビ部分から水が浸入し、寿命は縮まってしまいますよね。
「ヒビ程度なら様子を見よう」と放置する人もいるかもしれませんが、
この行動が洗面台の寿命を縮める原因になります。
ちょっとしたヒビから入った水分が、陶器製の洗面ボウルの下部分まで染みこんでしまうでしょう。
そして、いつの間にかカビが発生し、不衛生な状態となってしまいます。
カビは臭いがするだけの問題ではありません。
吸い込むことで体にも悪影響を及ぼすので、早めにリフォームを考えた方がいいかもしれませんね。

他にも髪をセットするときに、自然と落ちてしまう髪の毛をそのまま水で流して、
掃除をしないと配管が詰まり、配管のつなぎ目からぽたぽたと水が垂れてきてしまう恐れがあります。
中々配管の状態をみることは少ないですが、扉を開けたときにカビ臭いと感じたら、水漏れをしている可能性があるので注意しましょう。

 

まとめ
いかがでしたでしょうか。
毎日見ているスペースなので、ちょっとした汚れや劣化には無関心になっていることもあるかもしれません。
それぞれの家庭の使用状況にもよりますが、新設してから10年を超えると、
なんらかの不具合が見られるようになることが多いです。
寿命が近づいたサインが見られないケースでも、
新品のときから全く劣化が進んでいないことはありません。

汚れがひどくなったときや劣化が著しいときはもちろんですが、
10年を超えた頃を目安に洗面台のリフォームを考えてみてはいかがでしょうか。
リフォームすることで今までの不満を解消し、明るく気持ちの良い空間となることでしょう!

 

対応エリア

前橋市、高崎市、桐生市、伊勢崎市、太田市、沼田市、館林市、渋川市、藤岡市、富岡市、安中市、みどり市など、群馬県全域で対応!
※一部エリア対象外となります。まずはご相談ください

新着情報
ページトップへ戻る