群馬県のリフォームならミヤケンリフォーム

群馬県のリフォームならミヤケンリフォームにお任せください! 電話:0120-05-3838 お問い合わせフォーム

お風呂のメンテナンス目安と放置したときの注意点

高橋 茉那

高橋 茉那

お風呂をお得にリフォームする秘訣は、時期を見極めることにあります。
タイミングを逃すと、余分な費用がかさみ、健康によくない状況に陥ってしまうことも。
リフォーム時を知るサインと、風呂リフォームの時期を逃すと、損が増える理由をお伝えします。

築15年を超える頃になると、浴室内部にカビや汚れが目立ちだし、
そろそろ新しいお風呂にしたいと考え始めるようになります。
お風呂のリフォーム時期は、約20年が目安です。
このタイミングを逃すと、劣化が加速したり、維持費がかさんだりすることで、後で損をする可能性があります。
お風呂は常時、湯水が掛かる場所です。内部に水が浸入して土台が腐食していたり、シロアリの被害にあっていたりすると、余分な工事費用が掛かります。
また古い設備を使い続けることで光熱費がかさみ、場合によっては健康に被害を及ぼすこともあるのです。

 

◆お風呂のメンテナンス目安

  1. 築20年を過ぎて、お風呂のメンテナンスを一度もしていない
  2. 隣りにある洗面脱衣室の床がぶよぶよしている
  3. お風呂の壁や床、浴槽にヒビワレ、サビが出ている
  4. カビがひどくなってきた
  5. 排水口の掃除をしても排水が流れにくい、どことなく臭う
  6. 水栓金具の温度調節がききにくくなってきた
  7. お風呂の外の壁に水が染み出た跡がある
  8. コーキングが切れてる

上の7つのサインが出てきたら、そろそろリフォームのタイミングです。
特に、2の隣りにある洗面脱衣室の床のぶよぶよ、
3の浴室内のひび割れ、7の外壁への水の染み出しは要注意です!
構造部分まで腐食が進んでいる可能性があります。早めに業者に見てもらいましょう。

 

◆風呂リフォームの時期を逃すと、損が増える理由

お風呂のリフォームをお得にするコツは、一歩早めのタイミングで行うことにあります。
劣化が進んで水が染みだせば、木造住宅の場合は構造部を腐食させる可能性があり、
マンションは漏水の危険があります。
どうせリフォームするなら、そうなる前にやっておくことで、余分な費用の節約ができます。

またこの10年で住宅設備は急速に進化しています。
最新の省エネや家事ラクに配慮された設備なら、
水道光熱費の削減ができ、掃除やお手入れが格段にラクになります。
特に家庭におけるエネルギー消費の中でも、お湯を沸かすために使用するエネルギーの割合は大きいので、お湯をたくさん使うお風呂のリフォームは、水道光熱費に大きな影響を与えます。

このように、タイミングを逃したまま時期を重ねてしまうと、
工事費の増大に加え、これらのランニングコストの差額が積み重なり、損が増えていくことになります。

もちろん、お風呂が新しくなれば、毎日ゆっくりくつろげるようになるのも大きな魅力。
お風呂をリフォームした人に感想を聞くと
「こんなに快適で便利になるなら、もっと早くやっておけばよかった」という声が多いのも、
このような早めのリフォームで得るものが多いからなのです。

 

◆まとめ

いかがでしょうか。
他にもこんなお風呂早急にリフォームしましょうという事例もあります。
次回のブログで危険なお風呂の特徴についてご紹介したいと思います。

お風呂リフォームでお悩みの方は、ミヤケンまでお気軽にご相談ください!

対応エリア

前橋市、高崎市、桐生市、伊勢崎市、太田市、沼田市、館林市、渋川市、藤岡市、富岡市、安中市、みどり市など、群馬県全域で対応!
※一部エリア対象外となります。まずはご相談ください

新着情報
ページトップへ戻る