群馬県のリフォームならミヤケンリフォーム

群馬県のリフォームならミヤケンリフォームにお任せください! 電話:0120-05-3838 お問い合わせフォーム

前橋市にて玄関ドアの開閉がしにくいとのことで現場調査にいってきました。

及川 浩太朗

及川 浩太朗

前橋市山王町にお住まいのお客様から「玄関ドアのしまりが悪い」とのお問い合わせをいただき、現場調査に行ってきました。
この記事では玄関ドアの調査の際に、どんな所を確認しているのかご紹介します。

先日、前橋市山王町にお住まいのお宅へ玄関ドアの調査に行ってきました。
玄関の締まりが悪いとのことでしたが、使用されていた玄関ドアは比較的新しいもので、汚れの付着等はありますが見た目では不具合が起きていると分からない状態でした。

しかし、実際に開閉してみると、ラッチがひっかかってドアが最後まで閉まらないことが確認できました。
スムーズにへこむか、指先で押してみると、つっかえる感覚があり、スムーズにへこみませんでした。

ラッチの動きが悪いときは、シリンダー(鍵)専用の潤滑剤を使うことで改善することがあります。
ただし、注意して欲しいのは「シリンダー専用ではない潤滑剤を使う」と、レバーやシリンダーと連動する部品である錠前(じょうまえ)の中で油が固まり、部品の破損に繋がります。

今回私が調査する前に、お客様が潤滑剤を使って様子を見ていたそうですが、一向に改善されなかったとのことでお問合せを頂きました。
玄関の開閉に問題がある場合、蝶番のネジの緩みや、ドアクローザーの調整不良、玄関ドア枠が歪んでいるなどの原因もあります。

ラッチを含めてこれらの箇所もその場で調整と確認をしていくと、玄関枠のゆがみが確認できました。
玄関枠のゆがみは、その場で調整をすることが難しいため、今回は玄関ドアの交換をご提案させていただくことになりました。

玄関ドアのラッチはドアを開け閉めする上で重要な部品ですが頻繁に動いているため故障しやすい部品でもあります。
ラッチの建て付けが悪くなった場合はネジを回して調整するだけで元に戻せますので、一度お客様個人で確かめてみるのも良いと思います。
しかし、今回のように不具合の場所が違ったといったことも出てきます。そんな時は、無理に自分で解決しようと思わず、ミヤケンまでご相談ください。

下のオレンジ色のボタンより、24時間ご相談を受付しています。

 

対応エリア

前橋市、高崎市、桐生市、伊勢崎市、太田市、沼田市、館林市、渋川市、藤岡市、富岡市、安中市、みどり市など、群馬県全域で対応!
※一部エリア対象外となります。まずはご相談ください

新着情報
ページトップへ戻る