群馬県のリフォームならミヤケンリフォーム

群馬県のリフォームならミヤケンリフォームにお任せください! 電話:0120-05-3838 お問い合わせフォーム

リフォームしたい方必見!戸建て・マンションリフォームの注意したいポイント

小山 頼子

小山 頼子

最近、弊社にお問合せで増えております内容は、リノベーションやフルリフォームです。
中古を購入したからリフォームしたい!祖父母が使っていた家を譲り受けたので、古い家をリフォームしたい!そんなお客様が増えております。
戸建て、マンションなどお住まいの建物の構造によっては、リフォームの可能範囲が違います。
リフォーム前に確認しておきたいことをご紹介します。

リフォームは、建物の種類によって間取り変更の自由度も大きく影響します。

まず戸建てのリフォームですが、戸建て住宅は、建物の構造により、できることと、できないことがあります。
建物の耐用年数は、使用材料によって違うので、築年数だけでは判断できません。

特に事前に確認しておきたい工事内容は、間取り変更です。

柱・梁で支える木造軸組工法や鉄骨系・コンクリート系の工法の間取りの変更は、比較的自由にできますが、
壁全体で支える木質系やコンクリート系、2×4(ツーバイフォー)工法は、間取り変更に制限があります。
場合によってはリフォームできない場合がありますので、構造の確認が必要です。

その代わりキッチンやトイレ、バスルームなどの水まわりリフォームは、比較的自由にリフォームが出来ます。

戸建てのリフォームの相場ですが、一番多い相場価格は、~500万がほとんどです。
次に多い相場は501万~1000万ですが、それ以上かかると建て直して新築をご検討されるようですね。

リフォームしたい方必見!戸建て・マンションリフォームの注意したいポイント – ミヤケンリフォーム

次にマンションリフォームで注意したいのが共用部分と専有部分、管理規約などによる制約など、
リフォームできる範囲が決まっている点です。

多い事例としては、専有部分の間取り変更は可能であっても床を工事する場合には防音性の問題が絡むために、
床材の性能が決まっている、もしくはフローリングへのリフォームを禁止しているなど検討したいリフォームができない場合もあります。

マンションも戸建てと同じように、構造的に問題がなければ間取り変更はできます。
壁式構造の場合は、壁が取り払うことができないなど、間取り変更に制約があります。

戸建てのリフォームと大きく異なる点としては水まわり工事の制約があることです。
排水管の勾配をとる必要があったりや床下空間にゆとりが必要であったり、排水管の長さに制限があったりととてもややこしいものです。

さらにマンションのリフォームの場合には電気工事には基本的に制限がかかります。
各住戸への電気容量が決められているためです。
細かなところではありますが断熱リフォームなどで、室内側に内窓工事は可能であっても、
外から見える部分の玄関ドアや外部サッシは共有部分に当たるためにリフォームできない場合があります。

マンションリフォームの相場は、601万~900万が一番多いようです。続いて301万~600万が多いようです。
色々と制限があるため戸建てよりリフォーム費用が高くなってるのでしょうか・・・?

 

リフォームしたい方必見!戸建て・マンションリフォームの注意したいポイント – ミヤケンリフォーム

最近戸建て・マンションに関わらずお問合せが増えているのが、バリアフリーリフォームです。
ご高齢のご家族や小さなお子様がいるご家庭は、特に段差解消した間取りのご希望が多くなっています。

玄関廊下からリビングダイニング、トイレまで同じフローリング材で段差がない仕様にされる間取りでは、室内ドアに枠がなく、
レールを上吊りにして段差がないように工夫されています。

段差の他にもご高齢のご家族ど同居している場合には、トイレ・浴室・廊下には手すりを取り付けることをおすすめしております。

介護保険では、自宅で暮らすために必要な手すり工事などの特定の工事にかかった費用が一部支給される制度があります。

対象になる工事は、手摺取付・床段差解消・床・通路の材料変更・引き戸取り替え・新設工事、和式から洋式トイレ工事・扉の撤去や転落防止柵の設置です。

家族みんなが住みやすいお家にリフォームして快適に過ごせればいいですね(*^^*)

対応エリア

前橋市、高崎市、桐生市、伊勢崎市、太田市、沼田市、館林市、渋川市、藤岡市、富岡市、安中市、みどり市など、群馬県全域で対応!

新着情報
ページトップへ戻る