群馬県のリフォームならミヤケンリフォーム

群馬県のリフォームならミヤケンリフォームにお任せください! 電話:0120-05-3838 お問い合わせフォーム

和室を洋室にする時の工事費用と期間は?

及川 浩太朗

及川 浩太朗

近年、ライフスタイルの変化により、和室から洋室に変えたいというお問合せが増えてきています。
この記事では和室から洋室に変える時の費用や工期はどれくらいかかるのかを要所ごとにご紹介いたします。

和室を洋室にリフォームする際には、どこまでの範囲を洋室へ変更するのかをまず検討する必要があります。
畳をフローリングに張り替えるだけのリフォームを行うご家庭もあれば、布団を使わなくなったため押入れをクローゼットにリフォームする例や、
襖(ふすま)のみを洋風の建具に変更する例などもあり、いろいろな施工パターンがあります。

今回はリフォームする箇所のポイントと費用、そしてこれからご紹介する工事を行った場合、
どれくらいの日数がかかるのか詳しくご紹介していきます。

まずは、畳からフローリングに変える工事です。
この工事が皆様の中でパッと思いつくもので、1番変えたい箇所ではないでしょうか。
一般的なご家庭の和室は大体6畳~8畳であり、この広さでの工事をする費用は約15万円~20万円かかります。
価格を安く抑えたい・汚れに強い床材にしたい場合は、クッションフロアもおすすめですね。
クッションフロアにした場合は、約10万円~13万円かかります。
フローリングを選んだ場合は、大工さんが下地補強をして、そのままフローリング工事を行うことが出来ます。
しかし、クッションフロアの場合は、大工さんに下地補強をした後に内装屋さんが作業をしますので、手間賃が余分に発生してしまいます。
そのため、金額がかなり安くなるという訳ではありませんので、掃除がしやすいフローリングにするのか、汚れに強いクッションフロアにするのか、
リフォーム後、その部屋をどんな目的で使用するのかによって床材を決めた方が良いでしょう。

 

続いては、押し入れをクローゼットにする工事です。
内容としては、襖(ふすま)を撤去して扉材を取り付け、内側の仕切り材やハンガーパイプなどを設置する作業で、約6~25万円前後かかります。
襖(ふすま)を残して、中に棚を追加する程度の簡易なクローゼットであれば、2~10万円ほどで施工可能です。
一方、収納スペースが幅広である場合や、ウォークインクローゼットにする時には、予算は〜50万円位を想定しておくと問題ないでしょう。
可能であれば、扉は手前に引けるタイプの「折れ戸」にしておくと、物の出し入れがしやすく使い勝手よくなります。
しかし、ウォークインクローゼットにする場合は、畳ですとスムーズに開閉できない場合があるため、床材と一緒に変えることをオススメします。

続いては、壁や壁の内装工事です。
和室の壁と天井を洋室仕様の壁紙クロスにリフォームする場合、6~8畳間の和室であれば費用は約10~20万円かかります。
壁や天井クロスのリフォームでは「m(メートル)」あるいは「㎡(平方メートル)」で料金が変わるので、施工会社からの見積書をしっかりチェックしてくださいね。
そして天井と壁、および壁と床の継ぎ目には、巾木(はばき)や廻り縁(まわりぶち)で仕上げる工事も行われます。
巾木は見た目をよくするほか、掃除機や家具をぶつけにくくする役割を果たしますので、施工するかしないかの確認をしたほうが良いかもしれませんね。

最後に、襖(ふすま)をリビングにあるような洋風の引き戸に変える工事です。
こちらは建具のグレードにもよりますが、1カ所で約3万円~25万円かかります。
開き戸に変更したい場合には、隣室や廊下との段差を埋める工事もプラスして行う必要がありますので、
上記の金額から3万円~5万円ほど金額があがります。

上記でもお伝えしましたが、建具のグレードによって商品価格が大きく変わるので、
開閉のスムーズさや、ストッパー機能の有無なども比較しながら、適切なドアを選択しましょう。

以上が和室から洋室に変えるリフォーム工事内容です。
上記の工事内容を全て行った場合、大体4日~7日の工事日数がかかります。
予算はこれくらいを希望・こんな感じの部屋にしたいなど、お家によってご要望も異なりますので、
和室から洋室に変えたいという方は、一度ミヤケンまでご相談ください。
お客様のご要望に合わせて、工事プランのご提案をさせていただきます。

対応エリア

前橋市、高崎市、桐生市、伊勢崎市、太田市、沼田市、館林市、渋川市、藤岡市、富岡市、安中市、みどり市など、群馬県全域で対応!
※一部エリア対象外となります。まずはご相談ください

新着情報
ページトップへ戻る