群馬県のリフォームならミヤケンリフォーム

群馬県のリフォームならミヤケンリフォームにお任せください! 電話:0120-05-3838 お問い合わせフォーム

写真付きでわかりやすく解説!キッチンの種類と特徴

キッチン選びでまず大切なのは、ご家族の中で「キッチンで何を重視するか」です。調理作業に専念する空間にするのか?家族とのコミュニケーションの空間にするのか?ご家庭によって要望は様々だと思います。

ここでは、キッチンにはどのような種類があるか?タイプによりどのような空間になるのか?を説明していきます。

キッチンの種類

「キッチン」は大きく分けて3つの種類があります。

ミニキッチン

聞き馴染みがない方もいるかもしれませんが、コンパクトサイズのミニキッチンは、大きさ90センチメートルのものから用意があるため場所を選びません。

また、シンクやワークトップの下にある収納が無いタイプもあり、腰かけながらでも作業しやすく設計されているものもあります。

セクショナルキッチン

セパレートキッチンともいい、コンロ台やシンクが個別に分かれています。据え置きのコンロを使用するため、コンロの交換を簡単におこなうことができます。中には、IHを取り付けることができるキッチンもあるなど、加熱機器のバリエーションが豊富です。

また、システムキッチンに比べると料金的にもお手頃価格で、従来よりも選べるお色も増えていますので、主婦の皆さんに人気があります。

システムキッチン

一番聞き馴染みのあるキッチンではないでしょうか。1枚のワークトップ(作業板)をシンクなどの部材の上に乗せるため、継ぎ目がないのが特徴です。多くの住宅に使用されているため、選べる機能やお色・質感などが非常に多いのも特徴の一つです。

それでは、一番使われるシステムキッチンの種類やレイアウトについて詳しく説明していきます。

システムキッチンの種類とレイアウト

システムキッチンは、その機能やお色が選べるという利点のほかにも、設置方法が選べるという特徴があります。

例えば、対面キッチン。最近では、新築やリフォームの現場で採用されているこの形式の対面キッチン。実はシステムキッチンならではの設置方法なのです。設置方法(レイアウト)はリビングの大きさはもちろん、キッチンでお食事を作る時間に何を重視するかによって変わります。

・調理を効率的に行いたい!専念したい!というご家族におすすめ
作業中だけでなく、ダイニングテーブルまでの効率的な動線が可能な壁付型のキッチンや、リビングから独立したキッチンスペースが確保できる造作壁対面キッチンです。

・調理をしながら家族とのコミュニケーションをとりたい!というご家族におすすめ
リビングの中央にキッチンを設置して、調理を見せるセンターキッチンやリビングに目を向けながら作業ができる対面キッチンです。

次に、各システムキッチンのレイアウトについて詳しくみていきましょう。

対面式キッチン

オープンキッチンとセミオープンキッチン

まず、大きく対面式キッチンを2つにわけると、オープンキッチンとセミオープンキッチンに分かれます。

お部屋の一部としてのキッチン(オープンキッチン)か、リビングとは空間を分けるキッチン(セミオープン)かをお選びいただくことができます。

家族で楽しく料理がしたい、夫婦で分担をしながら料理をしたい方にオススメなのが、リビングに溶け込むような作りのオープンキッチンです。キッチンとリビングの空間を分けないので、1つのお部屋として広く見せることができ、家族の料理への興味・関心も高まります。

リビングからすこし空間を分けたところで、自分のペースでゆっくりと料理をしたい方にオススメなのがセミオープンキッチンです。リビングとキッチンの空間を分けることで調理に専念できますし、自分のお部屋のように過ごすことができます。

アイランドキッチン

オープンキッチンの中でも、とくに洗練されたデザインのアイランドキッチンは、壁に接しない独立したキッチンです。料理をしていても、顔をあげるとリビングを見渡せるアイランドキッチンは、料理をしながらリビングにいるご家族とお話しすることができます。

それに加えて一緒に並んで料理する際にも、視界を遮る壁が無いため窮屈な感覚はありません。ご家族で楽しく料理をすることができます。とくにアイランドキッチンのシロッコファンは、見た目も機能も優れたものが多く、機能性も抜群です。

一方で、調理中のシンクや、作業スペースの汚れが気になるというデメリットもあります。

ペニンシュラキッチン

オープンキッチン・セミオープンキッチンどちらも対応しているペニンシュラキッチンは、キッチンの左右どちらかが壁に面しているキッチンです。キッチンが独立しているため、開放的なデザインのキッチンをお好みの方にピッタリです。

また、対面キッチンの場合、そのキッチン専用の部材を使い、セミオープンキッチンにすることができるので統一感のある空間を作ることができます。ペニンシュラキッチンのシロッコファンは、見た目も機能も優れたものが多く、機能性も抜群です。

I型キッチン

壁付けのキッチン・造作壁を利用して対面キッチンにするなど、I型キッチンは多くのニーズに応えることのできるレイアウトです。多くの場合、吊戸棚を設置することができますので、収納力に富んでいるのも特徴の一つです。

鍋やフライパンなどの調理器具を上手に収納することで、作業効率が上がります。オープンキッチンには対応することができないことがデメリットです。

L型キッチン

シンクと加熱機器の距離が離れているL型キッチンは、作業スペースを広くとることができるレイアウトです。いままでは入角になっている部分が、デッドスペースと考えられていましたが、今のキッチンでは収納として活用できるようになりました。作業動線も良く、お料理に専念したい方にぴったりです。

L型キッチン場合、加熱機器とシンクの位置が決まっていることから、リフォームのさいにレイアウトの変更が難しいことがデメリットのひとつです。

対面式ではいキッチン(クローズドキッチン)

独立キッチン

キッチンは毎日使うものなので、汚れがつきものです。ッチンはあまりお客様には見られたくない、と思われる方は少なくありません。そんな時に安心なのが、リビングと離れたところにある独立キッチンです。

キッチンの空間をリビングから離すことで、調理作業に専念することもできますし、急な来客で忙しく片つける、ということもありません。調理専用のスペースで好きなおつまみを作り、ひとり晩酌の時間を過ごすご主人さま・奥様にはぴったりのレイアウトです。

壁付キッチン

調理作業に専念したい方にもっとももオススメなのが、壁付けキッチンです。壁に面している壁付けキッチンは、出窓がある壁に設置してある場合、採光・採風により気持ちよい空間を作ることができます。調理後のいやなにおいも窓をあけることで解消されます。

吊戸棚を設置する場合が多いため、収納に困ることもありません。家族とのコミュニケーションをとりたい方には、リビングに背を向けることになりますので不向きかもしれません。

まとめ

キッチン選びでまず大切なのは、ご家族の中で「キッチンで何を重視するか」です。少し前までは、キッチンは奥様の作業場のようなイメージがありましたが、今では家族とのコミュニケーションの場として考える方が多くなっています。調理作業に専念する空間にするのか、家族とのコミュニケーションの空間にするのか・・・。

まずは、ご家族でこの機会にキッチンについて話し合ってみてはいかがでしょうか。ご家族のご要望を叶えるキッチンがきっと見つかるはずです。

新着情報
ページトップへ戻る