群馬県のリフォームならミヤケンリフォーム

群馬県のリフォームならミヤケンリフォームにお任せください! 電話:0120-05-3838 お問い合わせフォーム

3種類あるトイレのタイプ別の特徴

家族みんなが毎日使うトイレ。せっかくのリフォーム工事ですから、今の最新のトイレにはどんなものがあるのか気になるものですよね。

ここではトイレリフォームで検討の際に、わかりやすいようにトイレの種類の特徴を説明します。

トイレは大きく分けて3タイプ

トイレは、大きく分けると下記のような3種類があることをご存知でしょうか。

・タンクレストイレ
・タンク一体型トイレ
・タンク、ウォッシュレット組み合わせトイレ

トイレの種類によって、使い方やメンテナンス方法に違いが出てきますので、簡単にご紹介します。

タンクレストイレ

タンクレストイレは、今一番新しい形のトイレです。トイレメーカーのCMなどでもよく宣伝されており、聞きなじみがあるのではないでしょうか。

お水を貯めるタンクがないので、見た目にとてもすっきりとしたボディはトイレ空間を圧迫しません。タンクレストイレの画期的なポイントは、水の流す仕組みにあります。

従来の水を流す仕組みは、タンクに水を貯めて洗浄に使っていましたが、タンクレスタイプは水をためるのではなく、必要なときに水を使う水道直結型になっています。この仕組みのおかげで、すっきりとしてトイレ空間が実現するのです。

タンクレストイレで、一つ注意が必要なのが設置場所です。

水道直結型のタンクレストイレは、水道からの十分な水圧がないと隅々まで水を行きわたらせることができません。そのため、3階以上の場所に設置する場合には、事前に水圧の確認をする必要があります。

タンクレストイレは、ウォッシュレットと便座が一体になっているため、取り外しができません。そのため、ウォッシュレットの調子が悪い・故障した際には、メンテナンス作業をおこなうか、トイレ本体の交換の対応になります。

また、タンクが無いために従来のトイレと違い、タンクの上の手洗い器がありません。トイレの近くに手を洗う所が無い場合には手洗いを新設する必要があります。
そんなときにオススメなのが、大きな工事をせずに「手洗い器」を新設する方法です。トイレの給水・排水を利用するので、トイレの交換工事を含めて約1日で工事を完了させることができます。

タンク一体型トイレ

一見、タンクレストイレのようなフォルムのタンク一体型トイレ。タンクが非常にコンパクトになっているのに加え、タンクと便器の繋ぎ目の少ないデザインなのも特徴です。

タンクレス一体型トイレは、手洗いあり・なしを選ぶことができるので、トイレの近くに洗面台などがなくても、手洗いありのトイレを選ぶことで問題が解決します。

さらに、手洗いのあるタイプの場合には、手洗いボウルが大きく手が洗いため、使い勝手がとても良いです。また、手洗いを別途設置対応できる商品がありますので、リフォームの幅が広がります。

タンク一体型トイレもタンクレストイレ同様に、ウォッシュレットと便器が一体になっているため、取り外しができません。ウォッシュレットの調子が悪い・故障した際にはメンテナンス作業もしくはトイレ本体の交換の対応になります。

タンク・ウォッシュレット組み合わせトイレ

タンク・ウォッシュレットを組み合わせるトイレですので、従来のトイレと形に大きな変化はありません。

昔のトイレと違うポイントは、「便器のフチ」のお掃除のしやすさです。従来のトイレは、フチが折り返す構造になっており、掃除ブラシが届きにくく、掃除するのが非常に厄介でした。現在の改良された今のトイレはフチの折り返しが無く、とてもお掃除しやすくなっています。

そのほか、ウォッシュレットのバリエーションも多く、ご家族の使い方にあったウォッシュレットを組み合わせることができます。

よい機能が揃うウォッシュレットからシンプルな暖房便座まで、余分な機能がないことで幅広い年代に安心してご利用いただくことができます。

どの種類のトイレも、今のトイレの撤去・新しいトイレの取付け工事の作業の手間や代金は同じです。(組み立ての必要な場合や別途電気工事などが必要な場合はこの限りではありません)。

また、停電時の対応もできますのでご安心ください。毎日使うトイレだからこそ、今後の使い勝手やメンテナンスも考慮してトイレを選びたいものです。

まとめ

家族が毎日、数回は使うトイレだからこそ、どんなものが家族に合っているのか、たのしく検討したいものですね。身長や体系が違えば、トイレの使用感も違うものです。ぜひいままで話し合う機会の少ない「トイレについて」、ご家族で話し合ってみてはいかがでしょうか。

新着情報
ページトップへ戻る