群馬県のリフォームならミヤケンリフォーム

群馬県のリフォームならミヤケンリフォームにお任せください! 電話:0120-05-3838 お問い合わせフォーム

洗面所(洗面化粧台)リフォームの費用と相場

身支度を整えるために利用する洗面化粧台。最新の洗面化粧台は、従来のものに比べ商品の種類が増え、使い勝手もデザインもとても良くなっています。

また、洗面化粧台の工事をすることにより収納力をアップさせたり、お掃除を楽にしたり、節水までできる、などなど実はいいことずくめなのです。

洗面化粧台のリフォームを検討している方のために、洗面化粧台の種類やリフォーム費用の相場を説明していきます。

洗面化粧台と洗面台の違い


洗面化粧台と洗面台は、定義が違います。

洗面化粧台は、手洗いや歯磨きだけではなく、洗顔、化粧、 髭の手入れなど身支度をしやすいように、収納できるスペースがあるものをいいます。

洗面台は、手洗いや歯磨き、洗顔などを行う場所です。例えば、トイレにある洗面ボウルが付いた手洗い場も洗面台に含まれます。

洗面化粧台を選びポイント

数ある洗面化粧台の中から、希望の商品を選ぶポイントは、まずは以下の3点を事前にご家族で決めることです。

・ご予算
・どのような機能がほしいか?
・どのような脱衣所にしたいのか?

どの洗面化粧台を扱うメーカーにもグレードがありますので、どのくらいの金額帯でリフォームするかは非常に重要です。

また、洗面化粧台・脱衣所のイメージがあると、より選びやすくなります。

イメージは、「収納スペースが多いものが良い」や「水垢汚れの付きにくいものが良い」「色は木目調のものがよい」など、使っていて「もっとこんな風だったらいいな」と思うイメージで十分です。

あとは、私どものような水回りの専門店に相談いただければ、色々なメーカーの商品の中から、ピッタリの商品を提案させていただきます。

洗面化粧台の種類

洗面化粧台には、大きく分けて2つの種類があります。オーダーメイドでサイズが指定できるものと、規格(大きさ)が決まっているものです。

一般住宅で使用されている洗面化粧台の多くが、規格の決まっているものですが、リフォームを機会にオーターメイドでサイズを指定することも可能です。

金額の面では、規格商品よりもオーダーメイドの商品の方が高価なため、なかなか手が出せないという方もいます。

「今よりも使い勝手のよいオーダーメイドにしたいけれど、価格を抑えたい」そんな方には規格品をオススメします。

規格品といっても各メーカー多くのバリエーションの商品を取りそろえているのはもちろん、キャビネット(収納棚)やミラーの大きさやミラー裏の収納についてもお選びいただけます。

また、今の洗面化粧台には、過去の商品にはなかった優れた機能を備えた化粧台もあります。たとえば、洗面台の排水溝や歯ブラシの除菌ができる機能やタッチレスの水栓、鏡に映る顔がきれいにみえるライトを備えたものがあります。

標準機能ではなくオプションになりますが、なんだか使うのが楽しくなりそうですよね。

洗面化粧台リフォームを検討する目安

洗面化粧台のリフォームは、下記のような理由で工事を検討されている方が多いです。

・ボウルの部分に硬いものを落としてしまい、ひびが入ってしまったのでリフォームしたい
・洗面化粧台の下の配管から水が漏れてきたので、修理をおこなうタイミングでリフォームしたい
・汚れが気になってきたので、リフォームしたい

工事ご検討の目安は、ご家族によりさまざまですが、お家を建てられて約15年程度で「そろそろ交換しようか」と考えるのが目安です。

もちろん、ヒビ割れや配管からの漏水に関しては、予期ができないものもあります。リフォーム工事が突然必要になる場合もありますので、もしもの時のために15年前後から専門店にご相談することをオススメです。

工事にかかる期間

既存の洗面化粧台を撤去し、新しい商品を取り付けて処分するまでは、約1日で行います。洗面化粧台を設置する位置の変更する場合は、給水・排水の移設工事が必要になり、移設工事に伴い、床の解体工事や床の復旧工事が必要になりますので、2日以上かかることもあります。

洗面所(洗面化粧台)のリフォーム費用の相場・目安

洗面化粧台のリフォームは多くのの場合、脱衣所の全体のリフォームと言っても過言ではありません。

そのため、洗面化粧台の交換のみのリフォームなのか、床のリフォームの張り替え工事や、壁のクロスの貼りかえ工事もご希望なのかによっても費用が変わってきます。

今の洗面化粧台の位置では作業がしにくい場合は、取付けの位置を変更することもできます。

また、バスルームのリフォームと同じタイミングで工事を行う方も多いため、ご要望により工事内容はさまざまです。

洗面化粧台の種類は、大きさや仕様によっては定価10万円以下のものから60万円以上のものまでご用意があります。サイズは、幅が50センチのものから2mを超えるものまであります。

どのような大きさの、どんな形の洗面化粧台がご希望なのかによっても金額の幅があります。

一般的に洗面化粧台の本体の交換工事のみであれば、スタンダードな商品をお選びいただいて15万円から20万円とお考えいただくのをオススメします。

リフォーム後「前の洗面台の方がグレードが高く、せっかくリフォームしたのに使いにくくなった…」ということもありますので、現在設置されている洗面化粧台のグレードを確認することも大切です。

弊社で洗面化粧台リフォームを行ったお客様の例

洗面化粧台を交換した、K様の例をご紹介します。K様宅の洗面化粧台は、約20年で漏水などはありませんでした。

ただ、ひとつ気になるのがボウルの黒ずみでした。洗面台は使えるし、他に気になるところはないからと、しばらくはその黒ずみを見て見ぬふりをしていたそうです。

黒ずみを一番気にされていた奥様がお亡くなりになり、ご主人さまはずっとそのことを気にされていたとのことでした。いよいよ工事を検討しようかと思った際、弊社のチラシが入ったとのことでお問い合わせをいただきました。

K様の工事の場合、既存の洗面化粧台がオーダーメイドのものだったため、今回もオーダーメイドの商品をご採用いただきました。

通常、洗面化粧台はボウル部分とミラーがセットになっておりますが、今回のリフォームでは鏡は既存のものを利用することにしました。使用していたミラーは、今の規格にはない大きなミラーで、ご家族皆様のお気に入りとのことでした。

実際の工事では、既存のミラーを使う事により、洗面台の高さを調整する必要がありました。メーカーの商品ですので、設備業者が部品を加工ができる・できないがあります。

今回、メーカーに確認したところ、加工ができる部分を調整し、綺麗に納めることができました。

洗面化粧台の工事といっても、お客様のご要望や商品の種類によって、いろいろな「洗面化粧台リフォーム」ができるのです。

まとめ

リフォーム工事は、新築の場合と違って、今の住んでいる環境をより豊かにする工事です。洗面化粧台は、毎日のルーティンの中の一つである、身支度を整える時間をより楽しい時間に変えてくれます。

できれば、時間をかけて商品をじっくり悩みたいものですが、水漏れやボウル部分のひび割れなど、予期しないリフォーム工事を余儀なくされることもあります。

その際に、落ち着いてお家にぴったりの商品を選ぶためには、専門店のアドバイスはお役に立てること間違いありません。

新着情報
ページトップへ戻る