群馬県のリフォームならミヤケンリフォーム

群馬県のリフォームならミヤケンリフォームにお任せください! 電話:0120-05-3838 お問い合わせフォーム

給湯器が凍結したときの対処法と凍結防止対策

寒い日にお湯が使えないというのは非常に不便です。冬場は特に給湯機の凍結が起こる可能性があり、一時的にお湯が出ないだけでなく故障する可能性もあります。

凍結が原因で故障した場合は、保証期間内でも有償修理になります。そうならないためにも、凍結の原因や凍結した場合の対処法、凍結を防止する方法について紹介しています。

給湯が凍結する原因

給湯機は、内部の管に水を通して温め、お湯を出します。そのため、蛇口を止めても給湯機の内部や管には水が残った状態になっています。この水が凍って凍結が起こります。

「凍結」というと寒い地域で発生するイメージありますが、近年では比較的暖かい地域で頻繁に発生しています。

理由としては寒い地域では寒冷地仕様の給湯器が標準になっているのに対し、暖かい地域では凍結防止対策がされていないことが多く、近年の異常気象に対応できていないことが挙げられます。

気温が低いとき

給湯器の凍結は、外気温がマイナス15度以下が目安です。マイナス15度以上でも、北側に設置されている場合や、風が当たりやすい場所に設置されている場合は、凍結の危険性があります。

水を使用していないとき

水は0度以下になった場合でも、流れがあると凍らない性質があり、流れが長時間止まると凍ります。給湯機の水も同様で、夜間など長時間使用しない場合は水が流れないので、凍結の可能性が高くなります。

給湯器の凍結する部分

凍結が最も多い箇所は、水道配管です。水道から給湯機に水を配給する役割がある部分で、冷えた水が通るため凍結しやすいのです。

他には、給湯器本体内の配管、給湯配管、追い焚き配管がありますが、いずれもお湯が通る配管で、水道配管よりは、凍結しにくい部分です。

また、各管と給湯機の接続部分は、保温材がしっかり巻かれていないことが多く、凍結が起こりやすい部分と言えます。

給湯器が凍結したときの対処法と注意点

凍結したときの対処法

給湯機が凍結した場合は、自然解凍がオススメです。日中の気温の上昇によって、自然に水が溶けるため、給湯機や配管に負担が少ないためです。

すぐに凍結を解消したい場合は、配管をタオルで包み、30度~40度のぬるま湯をかけて水を溶かします。

注意点

配管にそのまま熱湯をかけると破裂する危険性があるので、絶対にやめてください。また、電源コードやガス栓に水がかからないように注意しましょう。

給湯器の凍結防止対策

凍結防止機能

給湯機には、外気温度に応じて、自動でヒーターが付いている機種があります。その場合、電源が入っていないと作動しないので、注意が必要です。ブレーカーは冬場は落とさないようにしましょう。

給湯栓から水を流す

少しづつお湯を流し続けることで、凍結を防ぐことができます。水量が少ない場合は、途中でお水の流れが止まってしまうことがあるのでよく確認をしましょう。

水抜きをする

給湯器内部の水を排出することで、凍る水を無くして凍結を防ぎます。長期的に使用しない場合には水抜きをしてから家を空けるようにしましょう。

まとめ

給湯機は、冬の寒い時期凍結する危険性があります。凍結はお湯が使えなくなるだけではなく、故障や破損に繋がります。

凍結防止の対策をしっかりと行い、万が一、凍結した場合は適切な処置をすることが重要です。

対応エリア

前橋市、高崎市、桐生市、伊勢崎市、太田市、沼田市、館林市、渋川市、藤岡市、富岡市、安中市、みどり市など、群馬県全域で対応!

新着情報
ページトップへ戻る