群馬県のリフォームならミヤケンリフォーム

群馬県のリフォームならミヤケンリフォームにお任せください! 電話:0120-05-3838 お問い合わせフォーム

着工中の浴室工事で追加工事のご案内をしました

及川 浩太朗

及川 浩太朗

 

はじめまして、ミヤケンリフォーム工事管理の及川と申します。

今回から数少ない更新ですが、リフォーム工事をご検討されている皆様へ、

少しでもお役にたてるような工事での注意点や施工方法などを投稿させていただきますので

どうぞよろしくお願いいたします。

 

さて今回は、これから寒くなってくる季節にはぴったりの情報をお届けいたします。

皆様も一度は見たことのある、在来のお風呂からユニットバスへの工事をご紹介いたします。

在来とはこのような写真のような壁や床がタイル系、湯舟がステンレス製の浴室になります。

このような浴室は職人が一つ一つ手作業で施工した伝統のある浴室なので雰囲気的には私は好きですが、断熱交換がないため冬場の冷え込みやお湯の冷め具合が早いので、リフォームをしたいけどなかなかできないという方も多いと思います。

現在は断熱交換が格段に上がったユニットバスに変えるお客様が増えているが現状ですが、

木造住宅の場合は在来の浴室は寒いだけでなく木部の腐食の方が心配になります。

やはり解体してみたら…

木部、柱が腐ってました…

湿気の多い浴室廻りには、どうしてもこういった状況が出てきてしまう場合があります。

ミヤケンでは、リフォーム工事ももちろんですが、「塗装のプロフェッショナル」が揃う施工会社です!木部が腐りにくい、「防腐剤」という塗料を塗装して、長持ちさせます。

もちろん、新しい木部の取付もしっかりと行います。

今回は、脱衣場の床下の痛みも確認できましたので、下地の補強のご提案、施工をさせていただきました。

 

これで、脱衣場の下地補強は完了です!

このまま下地の補強をしないまま放置してしまうと、床が抜けて怪我をしてしまう恐れがありますので、

ご提案しなくてはいけない工事でした。

ユニットバスを組んでしまったら見えなくなるところだからこそです。

 

リフォーム工事では、お客様の住まいの状態によってご提案する内容も大きく変わってきます。

工事中の追加の工事はお客様にとってはとても困りますし、嫌なものだと認識しています。

しかしお家をこれから先、よりよく過ごしていただくため、お伝えしています!

 

でも・・・心苦しいこともあります(笑)

 

ミヤケンリフォームの管理職の私がしっかりとこの目で状態の確認をし、最善のお引渡しをさせていただきますので

工事についてはどうぞ安心してください!

新着情報
ページトップへ戻る