群馬県のリフォームならミヤケンリフォーム

群馬県のリフォームならミヤケンリフォームにお任せください! 電話:0120-05-3838 お問い合わせフォーム

洗面台の水漏れトラブルの症状と原因

関口 瑠里子

関口 瑠里子

今回は、洗面台の水漏れトラブルで多い症状とその原因についてご紹介します。
「洗面台の床からいつの間にか濡れている・・」「蛇口のところから水漏れしている・・」などのお声を多くいただきます。
そのような、水漏れにはいくつかの原因が考えられます。
ご自宅の洗面台にこのような症状がないか、出た場合どうすればよいのかぜひ参考にしてみてくださいね。

まず、洗面台で水漏れが起きた場合は水漏れ箇所を突き止め、
止水栓を閉めてから原因別に対処していきましょう!

 

水漏れを放置すると、カビや悪臭の原因になったり、酷くなると床下にまで被害が及びかねません。
できるだけ早めに対処することをお勧めします。

 

まずは洗面台のどこから水漏れが起きているのかチェックします!
水漏れの箇所として考えられるのは大きく4か所です。

1.蛇口本体からの水漏れ

2.給水管・給湯管のつなぎ目部分からの水漏れ

3.排水パイプのトラップ部分のつなぎ目からの水漏れ

4.排水管からの水漏れ

 

手で触ってみて水が滴っている場所を突き止めましょう。

どこから水漏れしているのか突き止めたら、修理をする前に事前準備をしていきましょう!

まずは洗面台下の扉の中にある止水栓を閉め、水を止めます。
止水栓がハンドル式であればハンドルを時計回りに回し、ドライバー式であればマイナスドライバー時計回りに回しましょう。

業者に依頼する場合にも、水漏れ被害の拡大を防ぐため、止水栓は必ず閉めておくことが重要です!
カビや悪臭を予防するため、漏れた水は拭き取っておきます。

続いて、水漏れの場所別に対処していきます!
おおまかな対処法としては、

* 接合部の緩み→ペンチやレンチで接合部を締める

* 部品の劣化→部品の交換

* 詰まりによる水漏れ→ゴミや詰まりを取り除く といったものがあります。

 

水漏れの箇所が原因が分かったら次は場所別の修理方法です。

1.蛇口本体から水漏れしている場合はパッキンを交換

蛇口本体からポタポタと水が滴って止まらない場合、本体の中にあるパッキンの劣化が考えられます。

修理方法は分解してパッキンを交換するというものですが、蛇口を分解する時には説明書を確認しながら慎重に行ってください。

2.給水管、給湯管から水漏れしている場合はナットを締め直す

給水管や給湯管から水漏れしている原因としては、ナットの緩みが考えられます。この場合にはレンチを使ってナットをしっかり締めましょう。これだけで直ることもあります!
ただ、ナットを締めても直らない時には、接続部の中のパッキンが劣化している可能性があります。
その場合は分解して内部のパッキンを交換する必要があります。
分解する自信のない方には、自己融着テープで水漏れ箇所を巻き付けて応急処置をする方法がおすすめです。

3 .排水パイプから水漏れしている場合は液体パイプクリーナーを使用

排水パイプから水漏れしている場合、詰まりが原因であることが多いです。生活する中で髪の毛や異物が流れ込み、これらがS字やU字のトラップに蓄積されています。
まず液体パイプクリーナーを使用して詰まりの解消を目指しましょう。
それでも解消できない場合には、トラップを外して交換することになります。

4.排水管から水漏れしている場合は修理業者に依頼

床下の排水管で詰まりがあると、水が流れずに床部分や排水パイプから水漏れしてきます。
この場合は排水管にワイヤーを差し込んで詰まりを除くという解決方法もありますが、市販のワイヤーでは難しく、排水管を傷つけてしまう心配もあります。
無理をせず修理業者に連絡してください!
修理をしても経年劣化によってはまた水漏れが起こる可能性もゼロではありません。
洗面台の耐用年数として10~15年くらいになりますので、ご自宅の洗面台の使用年数が長い場合は洗面台の交換をオススメいたします!
洗面台も今では多くの種類や形が様々なものがあります!

各メーカーのショールームにも多くの展示品がございますが、ミヤケンリフォームショールームでは各メーカーの人気商品を展示しています!
まだどのメーカーにしようか決めかねている方はぜひ見比べにミヤケンショールームへお越しください!

もちろん、水漏れのトラブルや修理も行っておりますのでお気軽にご連絡ください。

新着情報
ページトップへ戻る