群馬県のリフォームならミヤケンリフォーム

群馬県のリフォームならミヤケンリフォームにお任せください! 電話:0120-05-3838 お問い合わせフォーム

こんなお風呂は危険!7つの注意点

今や交通事故よりも、家庭内事故による死亡者数が3倍も多い時代です。
中でも多いのが、浴室でのヒートショック現象による死亡事故です。
ヒートショックとは急激な温度差に身体がさらされることで、血圧や脈拍が大きく変動し、体調を崩す現象のことを言い、多数の死亡事故が起きています。
古い浴室は断熱性が低く、暖房設備も整っていないため冬に寒く、
そんな中で熱いお湯につかれば、ヒートショック現象を起こしやすくなります。

健康に暮らすために大切なことは、冬のお風呂場を暖かくしておくことです。リフォームの際は、断熱材でくるまれたシステムバスや、浴室暖房器を設置するなどの工夫で、ヒートショック対策をしておきましょう。

では、このヒートショックが起こりうる危険なお風呂についてご紹介いたします。

  1. 冬になると浴室が寒い
  2. 脱衣室と風呂場の床に段差がある
  3. 石鹸やお湯で床が滑りやすくなる
  4. 手すりが取り付けられていない
  5. 浴槽のまたぎ高さが高すぎる、もしくは低すぎる
  6. 水洗金具の取り付け位置が悪く、体にぶつけやすい
  7. 非常時の呼び出しベルやインターホンが無い

以上の項目が一つでも該当した方は、ぜひお風呂リフォームのご検討をしてみてはいかがでしょうか。
お風呂場は裸になって湯水を使う場所ですので、安全性には特に注意が必要です。
高齢者の場合は、命の危険がありますので、床の段差解消はもちろん、寒いお風呂はできるだけ早く対策しておきましょう。

次回のブログでは、ヒートショックについてご紹介していきたいと思います。
ここまでお読みいただき、ありがとうございます!

 

対応エリア

前橋市、高崎市、桐生市、伊勢崎市、太田市、沼田市、館林市、渋川市、藤岡市、富岡市、安中市、みどり市など、群馬県全域で対応!
※一部エリア対象外となります。まずはご相談ください

新着情報
ページトップへ戻る