群馬県のリフォームならミヤケンリフォーム

群馬県のリフォームならミヤケンリフォームにお任せください! 電話:0120-05-3838 お問い合わせフォーム

バスルーム(浴室・風呂)の床の修理やリフォームの費用相場

バスルームの中でも、床は直接肌に触れる部分です。特に、素足で歩くので、ひび割れなどがあるとケガをしてしまう可能性もあります。

もし、床にひび割れができてしまったらなど、万が一の際に備えて、どのようなリフォームの方法があるのか確認してみましょう。

浴室の床の補修が必要な状態

浴室は、素足で歩くので、一番気にしていただきたいのが「安全面」です。ユニットバスの素材で使われるFRPは、表面にひびが入るってしまったり、小さな穴が開いてしまうことがあります。

ユニットバス

ひび割れは、そのままにしておいても直りませんし、ひび割れが大きくなる可能性もあります。

小さな穴は、水がユニットバスの下に染み込んで、カビや腐食の原因になる可能性がありますので、早めに補修を行いましょう。

タイル

タイルの場合、タイル自体が割れている、タイルが取れてしまったなど、表面が鋭利なるので、足に刺さってしまう可能性があります。すぐに補修を行いましょう。

床に使われている素材の種類と特徴

床に使用されている主な素材は、下記の2種類です。

FRP(繊維強化プラスチック)

FRPとは、繊維強化プラスチックのことで、一般的にガラス繊維に樹脂素材を混ぜて作られます。FRPは、プラスチックに比べ、防水性が高く、軽くても丈夫なため、ユニットバスなどのお風呂でよく使われます。冬場など素足で触れてもヒヤッとしないなどのメリットもあります。

タイル

タイルは主に浴槽がステンレスのものや、壁がタイル・白壁の場合によく使用されています。水はじきもよく、耐久性があるのが特徴です。

床材を選ぶ際のポイント

床材を選ぶポイントは、浴室の大きさをどうするか?です。床にどんな素材を選ぶのか、というよりも【ユニットバスにするのか、タイルのお風呂にするのか】という話になります。

もし、バスルームを広く、自由にスペースを取りたい場合は、タイルのお風呂をおすすめします。

一方、浴室の大きさにこだわりがなく、床のヒヤっとした感覚を軽減したい場合は、ユニットバスをお勧めします。

また、バスルームにこだわりたい方は、木の床もおすすめです。旅館や温泉のような贅沢なバスルームを作ることができます。ただ、お手入れを怠るとぬめりが出てしまうので、こまめなお手入れに気を付けなければいけません。

床をリフォームする際の費用

ユニットバスの場合

ユニットバスの床の工事の場合、基本的にはリフォームが出来ません。

理由としては、ユニットバスの構造上、床を張り替えるのには壁や浴槽を取り外す必要があり、解体作業中に、今のユニットバスの部材を傷めてしまう可能性が高いからです。

ユニットバスの床の交換工事は基本出来ないと考えてください。床の交換ができる場合は、ユニットバスを新しくリフォームした時の初期不良のみです。

ユニットバスを長くお使いいただいた床の傷みに関しては新しいユニットバスへのリフォーム工事のご検討をお勧めします。

タイルの場合

タイルの床の場合、左官工事にて補修することができます。そのため、もしタイルがかけてしまった場合、破片を保管していただけますようお願いします。

タイル補修は、補修箇所の面積にもよりますが約10万円前後です。基本的に、タイルを部分的に補修すると密着不良などを引き起こしかねないため、全面の貼り換えをおすすめしています

また、タイルの補修工事が終わった後、密着をよくするために乾燥の時間が必要になります。ですので、工事の内容によっては、その日の入浴を控えていただくことがあります。

まとめ

バスルームの床の補修工事は、なかなかあることではありません。だからこそ、修理が必要なことに気が付いた時には、しっかり直していかなければいけません。

床にカビが出てしまった・水あか汚れが気になる、とは違って怪我をしないようにするために必要な「安全対策」工事なのです。修理を先延ばしにせず、ぜひわたしたちにご相談ください。

対応エリア

前橋市、高崎市、桐生市、伊勢崎市、太田市、沼田市、館林市、渋川市、藤岡市、富岡市、安中市、みどり市など、群馬県全域で対応!

新着情報
ページトップへ戻る