群馬県のリフォームならミヤケンリフォーム

群馬県のリフォームならミヤケンリフォームにお任せください! 電話:0120-05-3838 お問い合わせフォーム

ユニットバスのリフォームにかかる費用と相場

「うちのお風呂は古いから、浴室も寒いし、お風呂のお湯も直ぐに温くなってしまう…」このような相談を良くいただきます。

そんな場合は、新しいユニットバスにリフォームすることをオススメします。ユニットバスであれば、断熱材が入っている商品や保温機能に優れた商品が多いので、暖かいバスルームにすることができます。また、現在のお風呂のサイズにもよりますが、最短で1~2日での工事も可能です。

ここでは、在来工法とユニットバスの違いや、ユニットバスにリフォームする際の費用などを説明します。

ユニットバスと在来工法の違い

リフォームする際に気になるのが、ユニットバスと在来工法です。ここではこの2つのバスルームの構造について簡単にご説明します。

ユニットバス

ユニットバスとは、防水性の高い素材を床・壁・天井・浴槽に使った、規格の決まったバスルームのことを言います。規格(大きさ)が決まっているため、浴室の大きさを自由に決めることができませんが、メーカーはあらかじめ同じサイズの浴槽等を量産できるため、安くリフォームすることができます。

また、工場でユニットバスの部品を製造し、現場でその部品を組み立てることから、工事期間を短くすることが可能になりました。

サイズが決まっているとはいえ、デザイン性に富んでおり、今の新築のお風呂では、ほとんどがユニットバスを採用しています。性能・施工性においても今、一番人気のあるバスルームです。

在来工法

在来工法とは、規格(大きさ)に制限が無く、基本的には壁や床にタイルを使用しています。タイルを使用しているため、バスルームをより大きくしたり、また逆に小さいものや変形したスペースにしたりといった対応ができるのがメリットです。

また、桧の浴槽など凝ったバスルームをご希望の場合には、在来工法がおすすめです。ただし、タイルの壁や床の場合、冬場に寒さを感じやすくなるため、在来工法からユニットバスにリフォームする方が多くなっています。

ユニットバスのリフォームについて

暖かいバスルームを希望するならユニットバス

最近、お風呂に求める機能として1番要望があるのが「あたたかさ」です。

特に人気なのが、浴槽に断熱材を使用したものです。断熱材の効果で、湯船の温度を冷めにくくなるため、家族の生活リズムが違っていても、温かい湯船につかることができます。

この機能は、多くのユニットバスの機能として採用されており、標準設備になりつつあります。

さらに、商品によっては断熱材を壁や床・天井に採用し、浴室全体の温度を温かく快適にするバスルームもありますし、暖房乾燥機などを採用される家庭も多くなりました。

ユニットバスにリフォームするときはサイズに注意

現在のお風呂がユニットバスの場合は、規格が決まっているので大きな問題になることは少ないのですが、在来工法からのリフォームに関しては注意が必要です。

ユニットバスは、1616サイズ(縦160センチ・横160センチ)などの規格が決まっているものが多いため、現在のお風呂がこの規格よりも大きくても小さくても大工工事が必要になります。そのため、費用が高くなります。

また、メーカーによっては、オーダーメイドで規格を変えることのできるユニットバスもありますが、選べるメーカーが限られてしまうことや、価格がすこし割高になることがあります。

ユニットバスリフォームにかかる日数

ユニットバスからユニットバス

ユニットバスからユニットバスの場合、サイズが同じであれば、1~2日で終わります。

在来工法からユニットバス

在来工法からユニットバスの場合、既存のバスルームの解体から始まり、5~6日かかります。

ユニットバスの価格相場

では、実際に工事をする際に選ぶユニットバスの価格は、どのくらいの相場なのでしょうか。まず、ユニットバスの価格は大きさで決まります。

標準タイプと呼ばれる1616サイズのお風呂と、一番大きいバスルーム1624サイズでは、どのメーカーも定価で約40万円の金額差があります。

大きさについては、リフォームの際にお選びいただくというよりは、今のお風呂に一番近い規格(大きさ)が採用されます。

その次にお選びいただくのがプランです。

各メーカー全て同じ大きさのバスルームであっても、松竹梅のように仕様に応じたプランのご用意があります。このプランも一番低価格のもので定価70万円前後のものから、ハイグレードのもので130万円前後のものまであります(標準1616タイプのもので試算)。

もちろん価格によって、水栓の形状が良くなったり、鏡の形がスタイリッシュになったりと、ハイグレードになればなるほど良いものになっていきますので、お好みのプランをお選びいただくことにより、金額が変動します。

また、このプランの他にオプションとして浴室暖房乾燥機や暖房機を付けることにより、金額が変わっていきますので、ご家族と一緒にどんなバスルームにしたいのか、じっくり考えることが大切です。

金額別のユニットバスのリフォーム

ご予算に応じたお風呂のリフォームをご検討中の方に、目安を簡単にご紹介します。

50万円以下で工事をご検討中の場合

この金額では、新しいバスルームへの交換は難しいです。以下のような工事であれば対応ができる場合があります。

例えば、
・ユニットバスの浴室ドアのみの交換
・後付けの浴室暖房乾燥機の取付け
・ユニットバス内部のコーキングの打替え工事
・水栓交換
・浴室の換気扇の交換工事
・手すりの取付工事

100万円以下で工事をご検討中の場合

浴室の大きさやプランを限定することで、既存のお風呂の解体から新しいお風呂へリフォームすることが可能なご予算です。

例えば、
・ユニットバスからユニットバスへのリフォーム(標準グレード)+洗面台の交換工事
・浴槽のみの交換工事

150万円以下で工事をご検討中の場合

お選びいただくプランによっては、バスルーム工事のほかに洗面所の床の工事や洗面台の交換工事などの工事も併せて行う事の出来るご予算です。

例えば、
・ハイグレードプランのバスルームの工事
・標準プランのバスルーム+浴室暖房乾燥機+洗面台+内装工事
・標準プランのバスルーム+浴室暖房乾燥機+給湯器交換工事

あくまでもおおまかなご予算ですので、ご要望・実際のバスルームの状況によってはご予算に沿えない場合もございます。あらかじめご了承ください。

まとめ

快適なバスルームリフォームのためには、お家の構造やバスリフォームに詳しい専門店にご相談するのがリフォーム成功の一番の近道です。

家族みんなが1日の疲れを癒す、ゆっくりリラックスする空間だからこそ、家族みんなの要望に沿ったバスルームにしたいですよね。

どんなバスルームにしたいのか、どのくらいの予算で工事がしたいのかじっくり相談できるリフォーム会社をえらびましょう。

新着情報
ページトップへ戻る